Collect

天国に一番近い島”ニューカレドニア”の旅行記 到着~アンスバタビーチ周辺編

 


日本から約8時間、ニューカレドニアはとてもユニークな観光地。世界遺産に認定された世界最大面積のラグーンがあり、日本人にとても優しい国です!

今回はヒルトン、ヌバタホテルなどホテル密集地、アンスバタビーチ周辺と両替について詳しく紹介します!


両替

空港での両替レートは2018/07時点で
¥1000=820CFP程度+1000CFPの手数料

その後、ホテルでの両替は2018/07時点で
¥1000=850CFP程度で手数料は無し。

常にホテルのほうがレートがいいのかは分かりませんが、今回はホテルのほうがどちらも1万円両替をして、500円程お得でした!

大き目のスーパーやレストランではクレジットカードが使えるので自分の使用しているクレジットカードのレートを確認してそちらのほうが良ければクレジットカードのほうが断然お得な場合もあります。
各自確認をして一番お得な方法で使い分けをしましょう♪

※注意※マルシェや屋台、スーパーでの500CFP以下では現金のみです。


アンスバタビーチ周辺の食事

ホテルを出てアンスバタビーチを歩くと一番目立つのはまず水上コテージになっているお店『ル・ルーフ』

出典:フォートラベル


その手前には朝の6:30から空いている『ル・ファレ』
ニューカレドニアのホテルは朝食が大体2500CFP~でブッフェ形式になっており、少し割高なのでこちらのル・ファレで朝食をとることをお勧めします♪
メニューはハンバーガー、サラダ、クロックムッシュ、クレープ等が1000CFP以下でほとんど楽しめます!

席について待っていると日本語のメニューと水を持ってきてくれます。海を見ながらの朝食は最高♪

しかもハンバーガーはかなりボリューミーで大満足!!


少し先に行くと小さな商店街の中に7:00頃~開いているテイクアウトのパン屋さん『ビアンヴニュ・オ・スナック』があります。
こちらでは軽い軽食の事をスナックと読んでるので注意。

  • パニーニ 700CFP
  • ラップサラダ 600CFP
  • サンドイッチ 500CFP
  • クロックムッシュ 500CFP

など安くで購入可能なので小腹用にホテルへ持って帰るには最適!


ル・ルーフを背に反対側の並びを歩くとジェラート『アモリーノ』
こちらではコーンで頼むと、花びらの形に盛り付けてくれます。しかもジェラートは何種類頼んでもOK!

レジで注文し、ジェラートを盛り付けてくれる店員さんに先ほどのレシートを見せてサイズを確認してくれるので、それから食べたいフレーバーを伝えます♪
季節のジェラートを入れて20種類以上が揃ってます。一番小さいミニサイズで550CFP~


その並びに有名なステーキ屋さん『ストーングリル』が!
こちらでは熱々のストーンにお肉をのせて自分好みの焼き加減でお肉を味わえます。サイドメニューを二種選べて満腹間違いなし!
しかし満腹を押してでも食べて欲しいのがニューカレドニア名物の”天使のえび”!なんと990CFPで追加可能なんです!
シーフード盛り合わせをシェアするのも良いですが量的に食べきれない可能性もあるので個人的にお勧めはお肉+追加で海老のみです!
こちらは990CFPで4匹ついてきます。食後に店員さんに声をかけると持ってきてくれるのでストーンが熱々のうちに焼いちゃいましょう!


そこからアンスバタの中心部にある「ヒルトン・ヌメア」の下(1階部分)に並ぶ
ショッピングモール『ラ・プロムナード・ショッピングセンター』には、お土産屋さん、パン屋さん、カフェ、バーなどたくさんのお店が並んでおりこちらの中に入っているパン屋さんは60CFP~、安くてお勧めです。


更に少し先に行くとスーパー『オセアニア』があります。入り口の日本で言うコンビニにあるホットスナックで軽いお弁当、串に刺さったチキンや反対側の冷蔵庫にサラダや生春巻きが売ってあります。

基本的にスーパーで売ってあるビールは冷えてませんのでホテルへ持ち帰り冷やすのがベスト!ちなみに6缶パックで置いてありますが自分ではがして好きな数だけレジに持っていけばOK。
ジュース類はちゃんと冷えている冷蔵庫に入ってあります。

  • ミネラルウォーター 100CFP
  • ビール 200CFP
  • カップ麺 150CFP
  • コーラ500ml 160CFP


水曜日の17時ごろから、毎週開催かは分かりませんがアンスバタビーチでライブと屋台が出ており小さなお祭りのようでした。
軽いスナック、お土産のソープ、ファッション雑貨の屋台が出てます。
大体100CFP~食べれるので最後に小銭を使い切るのにもGOOD!

海沿いにベンチがあるのでスナックを買い、サンセットを見ながら食べるのがお勧めです。

 

バス停

バス停はヌバタホテルをビーチの方に出てすぐ目の前に白いポール+ベンチがあり、すぐ分かるので便利!

市内に行くバスは緑色、白色の11,12番です。ホテル側のバスが市内行きなのでビーチのほうへ渡らないように注意。

横断歩道に信号はありませんが、車はほとんど横断歩道の前で停まってくれますので、メルシーと言いながら渡れば大丈夫です♪

 

 

このようにアンスバタビーチのホテル周辺にはほとんど何でも揃ってますので、少し外に出て歩くのがマスト!

何か忘れ物をしても、買いすぎてもすぐにホテルに戻れるのが便利です♪

市内観光の前に、帰る前に、是非立ち寄ってみてください。

 


◇こちらもオススメ◇


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでCollectをフォローしよう!