Collect

も~~っと東京ディズニーシーを楽しむための【裏ワザ】思わず誰かに言いたくなる豆知識

も~~っと東京ディズニーシーを楽しむための【裏ワザ】思わず誰かに言いたくなる豆知識

f8df6c85-52f2-4116-ba9b-1044d4f6ebf8

ディズニーパークにはいろいろな秘密や独特のルールが存在しています。代表的なものには隠れミッキーがありますが、それ以外にもたくさんの秘密があるので、今回はその中のほんの一部をご紹介します。



◆ポップコーンの中には…?

ワゴンごとにいろいろな味のポップコーンが販売されていますね。ポップコーンの中にはミッキーの形をしたポップコーンが存在しているので、食べる前に確認してみると面白いかもしれません。

実は好きな味と好きなバケットを組み合わせできるって知ってた?やり方は⇒ コチラ

一番人気のカプチーノ味が売られているのは⇒ コチラ


◆テーマランドの境界線でそれぞれのBGMが重ならない理由

いろいろBMGが混ざり合うことなく、スムーズにテーマランド間を違和感なく移動できるのはなぜでしょうか?それは、各テーマランドの境界線に滝など水の流れる仕掛けを用意して、BGMをかき消すという方法が取られているからです。
また、スピーカーはある距離内のみに音を響かせるようにとてもきめ細かい設定をしてあるので、耳に違和感を感じないんですね。


◆東京ディズニーリゾートで一番高い建物は?

東京ディズニーリゾートで一番高い建物は、2006年9月4日に東京ディズニーシーにオープンしたタワー・オブ・テラー。その高さは59メートル。あと1メートルで60に到達するのにキリが悪いと思われるでしょうが、航空法第51条で、60m以上の建物には航空障害灯の設置が義務付けられているため、60m以上に設計しなかったのです。


◆ディズニーリゾート内では迷子の呼び出しが禁止

迷子の放送を聞くと夢の世界から現実に引き戻されてしまいますよね。なので私服のセキュリティーキャストがかなりの数配置されており、迷子が出た場合は一斉に迷子の特徴などが伝えられ、キャストが迷子を探し出すのです。他にも防犯や急病人、怪我人への対応など幅広く活躍してくれます。


◆シンデレラ城とプロメテウス火山は同じ高さ

数字上はどちらも同じ51メートルなのですが、プロメテウス火山のほうがシンデレラ城よりも数センチ~数十センチ程度高いことをご存じでしたか?
建設当時、プロメテウス火山はある程度の地盤沈下を想定して設計された為、地盤沈下によりシンデレラ城と同じ高さになるよう計算されているからなのです。

 

◆行列の最中に子どもがトイレに行きたくなったら

長〜い行列の待ち時間の間、お子さんがトイレに行きたくなったら困りますよね。そんな時は近くにいるキャストに相談してみましょう。混雑やアトラクションで変わってきますが、一旦行列から抜けてトイレに行かせてくれて、その後は優先的に入れるようにしてくれることがあるようです。

不安な方は コチラ から空いているトイレの場所を確認しておきましょう♪


◆パーク内のトイレの鏡

パーク内のトイレには見えるところに鏡が設置されていません。お手洗いでも洗面台の目の前じゃなく、少し離れたところにあります。キャラクターの帽子をかぶったりしている自分の姿を見て、現実に戻るのを防ぐためだそうです。


◆アトラクションに身長制限で乗れなかった子どもの特権

アトラクションに身長制限で乗れなかった子には「チャレンジャー証明書」が与えられます。この券を持っておくと、成長して無事に身長制限をクリアした時にファストパスのように短い待ち時間で乗ることができるのです。なんとも夢のある話ですね♪
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでCollectをフォローしよう!