Collect

【今日は何の日?】7月13日はオカルト記念日の日!おすすめオカルト映画の紹介

1974年のこの日、映画『エクソシスト』が日本で初公開されました。
これをきっかけにオカルトブームに。
なので記念して、ホラー好きの筆者がオススメのオカルト映画を厳選して紹介しちゃいます♡

エクソシスト

出典:Amazon

女優のクリス・マクニールの娘リーガンに悪魔がとりつき、可憐な少女の肉体から悪魔を追放するために立ち上がった悪魔払い師(エクソシスト)の恐怖の戦いを描く。
ディレクターズカット版では、あの有名なスパイダーウォーク、当時ショッキングすぎるとカットされた15分の未公開映像も収録。
また、最近ではドラマシリーズでもエクソシストが蘇りました!

これが意外と面白かったのでオススメです!シーズン1は全10話の約45分、映画版から40年後の話しです。
エクソシストを全く知らない人は映画を観てから観るのをおすすめします。ストーリーが進むごとに映画版とリンクするので観ていたほうが、より楽しめます。
シーズン2が待ち遠しい!

 

オーメン

出典:http://www.wallpapers-cinema.com/films/09/1137.html

6月6日午前6時に生まれ、頭に「666」の痣を持つ悪魔の子であるダミアンをめぐる物語。悪魔の子ダミアンが様々な災厄を引き起こしていく…。
全4作品と、2006年に『オーメン』リメイク版も公開。4作品目は悪魔の子が女の子に変わっています。
また、オーメンもドラマ化しましたがシーズン1のみで終了。

筆者は結構好きだったんですけどね…。続きも気になる感じで終わってしまい、凄く残念です。
悪魔の子ダミアンが悪魔の記憶を失ったまま、30歳を迎えた。しかし、ある事をきっかけに覚醒!日本語吹き替えは、細谷佳正さんが担当しています。
シーズン1のみですが、是非観てほしい作品です。


ポルターガイスト

出典:Amazon

新しく引っ越しした家で、ある日を境に5歳の末娘が砂嵐のTV画面に一人で話しかけ始める。そこから物が勝手に動いたりと不可解な現象が次々と起き始め…。
3作品まで出ており、1作目のみスピルバーグが制作した作品。1982年の映画ですが、ホラーが苦手な人でも観られる映画だと思います。
また、リブート版も日本では2016年4月2日にDVD&ブルーレイでリリースされています。

テレビに手が出現するシーンなどオリジナル版を思い起こせるシーンも含まれており、旧作を知っている方でも楽しめるシーンが豊富に描かれています。
ポルターガイストは呪いの映画だと噂もありましたが、このリブート版では幸いなことに今作に関わる人の悲しい知らせは報じられていないので安心して観て下さい!


キャリー

出典:Amazon

クラスメートに虐められていたキャリー。ある日、自分には超能力があると隠されたパワーに気づく。クラスの男の子にプロムに誘われ、しかもクィーンにも選ばれ有頂天になっていたが、それは残酷なクラスメートの悪戯であった。舞台に立った瞬間降り注がれる真っ赤な血。キャリーの悲鳴が響き渡り、怒り爆発。次の瞬間本当の悲劇が…!
こちらの映画もリメイクされています。しかもクロエ・グレース・モレッツが主演。

出だしから母親がちょっと違う意味で怖い。ただただキャリーが可愛そう…と思う映画です。でもクロエちゃんがやっぱり可愛い♡
こちらもそんなに怖くはないので、ホラー苦手な方でも観れる映画だと思います。


遊星からの物体X

出典:Amazon

氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の12人の隊員との死闘を描いた、SFホラー。
エイリアンの映画ですが、普通のあのエイリアンとはまた違うんです!なんと食した生物になると言う能力を持っており、何にでもなれちゃうんです。
あまり書いてしまうとネタバレになってしまうので…。密室での面白さもあり、じっくりじわじわくる感じがまた良いです。
またこの映画の前日譚が2011年に公開しています。

マクレディ達の事件の始まりである、執拗にわんこを追っていたノルウェー隊員の二人・・・彼らがどのような経緯であの地へやってきたか、その前日談を描いた作品。前作を知らない人は楽しんで観れると思います!
前作を観た方は、あれは何だったのか?と言う数々の伏線が回収されていることが解って面白いと思います。
 


ホラーにも色々なジャンルがあるので、悪魔系から化物系まで紹介してみました!
筆者は悪魔系、ヴァンパイア物が好きですが今回紹介した作品は全て観ました。そんなに怖くはない映画で、内容が面白いのでオススメです。
今夜はオカルト映画を観て過ごしちゃいましょう♡


◇こちらもオススメ◇


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでCollectをフォローしよう!